「オレの為の風俗店」を見つけよう!ピンサロやメンズエステの探し方

射精の、その先へ。

振り返る女性

風俗産業のことを称して「射精産業」などという身もフタもない呼び方をすることがありますが、ある意味ではこれは真理を衝いています。
つまり、風俗店のサービスというのは男性を気持ちよくさせ、最終的には射精へと導くというものだからです。とはいえ、何回も、何十回も風俗に通っているような男性の場合、だんだんとこういう気持ちになる場合もあるでしょう……「射精で終わるのはつまらないなあ」と。
もちろん、射精せずに風俗店を後にするというのは虚しさマックスですから、「つまらん」というのは「射精したくない」ということではありません。ここで言いたいのは、「射精のその先にある快楽を追求できる風俗はないのか」と思う男性もいるだろうということです。
そして、そんな男性を満足させる風俗は、ちゃんとあります。そのようなサービスを提供してくれる風俗店を、我々は見つけることができるのです。
その風俗は、たとえば東北地方なら仙台で見つけることができます。なぜ「仙台で」というのかというと、仙台は東北でいちばんの都市であるからです。岩手とか青森とか、東北には良く知られた都市がたくさんありますが、実はいちばん繁華街が盛り上がっていて、いちばん都会的なのは、独眼竜正宗の銅像が経っている宮城県仙台市なのです。
そして、仙台で楽しめる「射精のその先へ」イケる風俗店とは、「潮吹き」ができる店です。その店では女の子が手コキで射精させてくれたあと、さらにしつこく、「くすぐったい」「やめて」「こわれちゃう!」などと訴えても手コキを続け、くすぐったさの先にある腰が抜けるほどの快楽を味わわせ、ペニスから無色透明、無味無臭の「潮」をピューッと飛ばす、その瞬間へといざなってくれるのです。